ホーム三重銀行よりのお知らせ > マイナンバー制度に関するお知らせ(預金口座付番について)
マイナンバー制度に関するお知らせ(預金口座付番について)
(2018年1月1日) 
 
平素は三重銀行をお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。
 2016年1月に施行されました「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」にもとづき、これまで投資信託や外国送金等の特定のお取引の際にマイナンバーのお届けをお願いしておりましたが、「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」の公布により、2018年1月1日より銀行に対して預金口座とマイナンバーを紐付けて管理する義務(預金口座付番)が課せられております。
 つきましては誠にご面倒とは存じますが、今後、新たに預金口座を開設する際や既に預金口座をお持ちのお客さまにつきましてはご来店等の際に、マイナンバーのお届けをお願いすることになります。
 なお法律上はお客さまにはマイナンバーの届け出義務はございませんが、何卒、同法の趣旨をご理解いただき、お届けにご協力をお願い申し上げます。 
 
(預金口座付番の目的)
金融機関の経営破たん時において、預金の円滑な払い戻しを行なうためにマイナンバーを利用します。
行政機関等による税務調査や社会保障の資力調査の際にマイナンバーを利用して回答します。
  (なお、従来より上記調査があった場合には、法令にもとづきお客さまの資産等を報告しており、当該報告にマイナンバーの有無は関係ありません)
 
以上