三重銀行 金融機関コード:0154
お問い合わせ サイトマップ
English
ホーム 個人のお客さま 法人のお客さま 三重銀行について 店舗・ATMご案内

個人のお客さま
個人のお客さまトップページへ
  • メールオーダー(資料請求)はココをクリック!
  • 三重銀行からのお知らせ
  • 手数料一覧
  • 便利な銀行利用術
  • 三重銀VISAカード
  • リーショネット三重
ホーム > 個人のお客さま > 個人向け国債・金 > 個人向け国債 > 10年変動金利タイプ
個人向け国債
【10年固定金利タイプ】
 

個人向け国債【10年変動金利タイプ】


◆個人向け国債

個人の方ならどなたでも額面1万円からご購入できます。 中途換金も可能な安心・手軽な国債です。

                   

ご購入いただける方

 個人の方に限ります

償還期限

 

10年

募集時期

 

毎月

発行時期

 

毎月

募集の価格

 

額面金額100円につき100円

償還金額

 

額面金額100円につき100円(中途換金時も同様)

購入単位

 

1万円単位

金利

 基準金利(※)×0.66(変動金利)
 2011年4月以前に発行されたものは基準金利(※)−0.80


 (※)基準金利は利子計算期間開始時の前月に行われる10年固定利付国債の入札における平均落札利回りです。

利払日

 年2回

換金(ご売却)

できない期間

 発行から1年間は原則、換金(ご売却)の約定はできません(発行から2回目の利払日前日まで)

中途換金調整額

 換金(ご売却)に際し、中途換金調整額が売却代金より差し引かれます。
 中途換金調整額=直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.8
 平成25年1月以降は直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
 となります


 ※発行から一定期間の間に中途換金する場合には、上記の中途換金調
 整額が異なることがあります。

 ※中途換金するときの受渡金額は、「額面金額+経過利子相当額−中途換
 金調整額」となります。

 


◆その他のご説明(国債のお取引全般に関する事項)


当行の取り扱う

国債について

 

  当行は国債について取り扱いますが、全ての銘柄について

  お取引ができるものではございません。お取引に際しましては、

  当行での取り扱いの有無について、窓口にてご確認ください。

お取引の形態

 

  国債に関する取引は、お客さまのお申込みに対し、当行自体が

  取引の相手方となって、相対で取引を行う「店頭取引」(「取引所外取引」

  ともいいます)にて行います。

口座管理に

ついて

 

  ご購入されます国債は、当行に開設いただきました振替決済口座で

  管理します。なお、当行で取り扱う国債は、「社債、株式等の振替に

  関する法律」に基づくものであり、本券は発行されないため、本券の

  お引き出しはできません。

受渡金額に

ついて

(1)ご購入時の受渡金額(お支払代金)等


 受渡金額 = 額面金額 + 経過利子
 経過利子 = 額面金額 × 単位経過利子 ÷ 100
    (単位経過利子:額面100円あたりの経過利子)

 ※経過利子の概要・・・詳しくは【 ご注意ください! 】をご参照ください。


(2)中途換金(ご売却)時の受渡金額(お受取代金)等


 受渡金額 = 額面金額 + (イ)経過利子相当額−(ロ)中途換金調整額
 (イ)経過利子相当額 = 額面金額 × 単位経過利子 ÷ 100
    (単位経過利子:額面100円あたりの経過利子)

  ※経過利子相当額は発行日または直前利払日から換金日までの経過日

   数に応じた利子相当額ですが、換金日に利子が支払われているわけで

   はありませんので、利子所得課税の対象にはなりません。

 (ロ)中途換金調整額:個人向け国債の場合のみ差し引かれます。

 受渡日(代金のご入金日)について・・・

   換金(ご売却)にかかる受渡金額のご入金は、申込日を含め4営業日後に、

  お客さまご指定の預金口座へご入金させていただきます。

手数料等  

  国債の売買、口座管理および振替に伴う手数料は無料です。

利子のお受取り

 

  利子は原則、半年毎にその半年分を、口座開設時にお客さまのご指定

  いただきました預金口座へご入金します。

元金のお受取り

 

  元金は原則、額面100円について100円の計算で、償還日に、口座開設

  時にお客さまのご指定いただきました預金口座へご入金します。

  なお、お持ちの債券が繰上償還となったときは、この限りではありません。

お客様への

ご報告等に

ついて

 (1)債券保護預り通帳

 当行では約定いただきました国債のお取引は、原則債券保護預り通帳
  へ記載します。


 (2)取引報告書

 約定の内容についてご報告する書類です。内容をよくご確認ください。


 (3)取引残高報告書

  お客さまの国債のお取引に関する内容(期間中のお取引、元金・利子の

  ご入金、残高等)を定期的にご報告します。内容をお手元の「(1)債券

  保護預り通帳」とご確認ください。なお、取引残高報告書は、お取引

  の証拠となる書類ですので大切に保管されることをお勧めします。

 

 (4)住所を変更された場合のお願い

 取引残高報告書はお届けの住所へ郵送させていただきます。

 住所を変更された場合は必ずお取引の店舗へお届けいただきますよう

  お願いします。

マル優・特別

マル優について

 国債の税制につきましては、優遇制度(マル優・特別マル優)の取扱

 いもございます。

 これらの適用につきましては窓口へお問い合わせください。


財務省ホームページ「個人向け国債」


お問合せ先
  • 各支店の窓口 または 下記までお問い合わせください。

    三重銀行 営業統括部 TEL:059-354-7302  (受付時間:平日9:00〜17:00)

【 ご注意ください! 】

  • ================================================================================
  • ■個人向け国債は預金ではありません。したがって預金保険の対象ではありません。


  • ■個人向け国債をご購入の際は、「契約締結前交付書面」を必ずご確認ください。店頭にご

      用意しています。


  • ■いったん、約定の成立しましたお取引については、お客さまのお申し出による取り消しは

      できません。



    ■個人向け国債は、発行から一定の期間は、原則中途換金ができませんが、その期間が経過してから満期までの間はいつでも、当行で中途換金ができます(換金価格は、額面100円につき100円です)。


    ■中途換金の特例として保有者本人がお亡くなりになった場合、または、災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合には、上記の期間中であっても、中途換金が可能となります。


    ■個人向け国債は、発行日から初回利払日までの期間が6ヵ月未満の場合、別途経過利子(※)の支払いが必要となります。
    (※)経過利子について・・・国債をご購入された場合、利払いとして6ヵ月分の利子が支払われますが、ご購入日から利払日までの期間(片端計算)が6ヵ月に満たない場合には、6ヵ月分の利子を実際の保有期間に見合ったものに調整する必要があります(調整しないと、利子の払い過ぎになってしまいます)。そのため、国債を保有していなかった期間(6ヵ月のうち、実際の保有期間を超える期間)の利子に相当する額(=経過利子)を、国債の購入時にお支払いいただきます。


    ■個人向け国債のお取引には、クーリングオフ制度の適用はありません。

  • ================================================================================


株式会社三重銀行 登録金融機関 東海財務局長(登金)第11号 加入協会:日本証券業協会
 
三重銀行 個人向け国債 三重銀行 個人向け国債・金

 

キャッシュカード、通帳を紛失した場合はこちらへ


 

〒510-0087 三重県四日市市西新地7番8号 TEL:059-353-3111 FAX:059-353-2916

Copyright©THE MIE BANK,LTD.All rights reserved.