つみたてNISA
「つみたてNISA」は2018年1月よりスタートする新しい制度です。
三重銀行の「つみたてNISA」でちょっとずつ、あなたのライフプランをかなえる資産形成を始めてみませんか?
 
つみたてNISAのポイント   
「つみたてNISA」は、積立投資で得られた利益(売却益・配当等)が非課税となる制度です。
「つみたてNISA」を活用すれば、どなたでも少額(毎月1,000円)から資産形成を気軽にはじめることができます。
ポイント1
選びやすい!
対象商品が限定されているので選びやすい。
長期投資のメリットが得られやすく、投資がはじめての方でもわかりやすい商品(*)が対象です。
ポイント2
はじめやすい!
少額から気軽に投資が可能です。
定期的に一定額(例えば毎月1,000円から)を積み立てるためムリのない範囲で少額から気軽に資産形成をはじめられます。
ポイント3
続けやすい!
長期投資がしやすい設計です。
非課税期間が最長20年間、投資可能期間も2018年から2037年の20年間と、長期投資がしやすい設計です。
つみたてNISAの対象商品の要件は内閣府告示で定められています。
上記はつみたてNISAの主な特徴を示したものであり、すべての特徴を網羅したものではありません。
上記は2017年12月時点の情報であり、内容のついては将来変更になる可能性があります。 
 
つみたてNISAの概要   
年間40万円、最長20年間の積立投資が可能なため、最大800万円を非課税で運用できます。
つみたてNISAと現行NISAの主な違い
tsuminisa_image1.png
  つみたてNISA NISA
利用対象者 口座開設開設年の1月1日時点で満20歳以上*1の日本居住者等
投資対象商品 長期・積立・分散投資に適した一定の要件を満たす公募株式投資信託等  公募株式投資信託等
投資方法 積立投資 一括投資も積立投資も可能 
年間の投資額上限*2 40万円 120万円
投資可能期間 2018年から2037年まで 2023年まで 
非課税期間 最長20年間 最長5年間 
累積非課税投資額 800万円(40万円×20年間) 600万円(120万円×5年間) 
途中売却 可能(ただし売却部分の枠は再利用不可) 
開設できる口座数 同一年において1人につき1口座*3
*1 1月2日が誕生日で20歳以上になる方を含む
*2 非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰り越すことはできません。
*3 金融機関を変更した場合を除きます。
 
つみたてNISAのイメージ
tsuminisa_image2.png
 
積立投資による時間分散「ドルコスト平均法」   
積立投資は、1回に全額を購入するのではなく、複数回に分けて購入したり、定額で定期的に継続して購入するなど、時間(タイミング)を分散しながら、資産を育てていく投資手法のことです。
積立投資の特長1
投資タイミングに悩まない
定時定額購入サービスの場合、自動的に購入するので手間がかからず、投資タイミングに悩む必要がありません。
積立投資の特長2
平均購入単価の引き下げ効果が期待できる
基準価額が高い時は少ない口数で購入し、安い時は多い口数で購入することで、平均購入単価を引き下げる効果が期待できます。
 
<1万口当たりの価格推移>
tsuminisa_image3.png
上記はシミュレーションであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、購入時における手数料、税金等の諸費用は含まれておりません。
 
三重銀行のつみたてNISA専用商品ラインアップ
ファンド名をクリックしてファンドの特長やリスク等をご確認ください。
分類 商品名
国内株式
SMT 日経225インデックス・オープン
海外株式
SMT グローバル株式インデックス・オープン
バランス
SMT 世界経済インデックス・オープン
バランス
SMT 8資産インデックスバランス・オープン
 
 
NISA口座開設方法のご案内  
つみたてNISAを利用して取引するためには、つみたてNISA専用口座の開設が必要です。
開設には「マイナンバー※」等が必要ですので事前にご準備ください。
NISA申込みイメージ 
 
インターネットバンキングをご契約のお客さまはインターネット投資信託メニューよりNISA口座の書類請求をお申込いただけますので、ご来店いただくことなく開設手続が可能です。
ジュニアNISAを除く
口座開設(色・中) メールオーダー(色・中)
インターネットバンキング新規お申込(色・中) インターネットバンキングログイン(色・中)
 
投資信託
投資信託は預金保険の対象ではありません。
三重銀行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
投資信託は、預金商品ではなく、元本の保証はありません。投資信託は有価証券(株式・債券・リート等)等に投資しているため、投資信託の基準価額は、組入れ有価証券等の値動きにより変動します。このためお受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。
投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまが負うことになります。投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。
お客さまの負担される費用(お客さまにご負担いただく費用の合計額は以下の費用を足し合わせた金額となります) 
【①申込時】[申込手数料]:申込代金に対し最大3.24%(税込)
【②換金時】「信託財産留保額 換金時の基準価額に対し、最大0.5%」または「解約手数料 1万口につき〔上限〕2.16円(税込)」
【③投資信託の保有期間中】[信託報酬]:純資産総額に対し最大年 2.16%(税込)
【④その他費用】上記以外に監査報酬、有価証券等の売買にかかる手数料など保有期間等に応じて間接的にご負担いただく費用があります。(運用状況等により変動する費用であり、事前に料率、上限額等を示すことができません。)
三重銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。 
投資信託のご購入の際は、最新の投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。 
NISA口座開設
当行のNISA口座で取引できるのは、当行取扱いの国内公募株式投資信託だけであり、上場株式の取引はできません。
NISA口座内の投資信託等を換金した場合、非課税枠の再利用はできません。
NISA口座内の取引で損失が発生しても、その損失を他の株式等の譲渡益との損益通算や上場株式等の配当金との損益通算、損失の繰越控除ができません。
NISA口座開設にあたっては証券振替決済口座の開設が必要です。(すでに開設済みの場合、お申込みは不要です)
当行の非課税管理勘定および累積投資勘定で管理している投資信託等については、原則として他の金融機関へ移管できません。
非課税期間終了時には、NISA口座内で保有されている投資信託等については、原則、特定口座(開設されていない場合は一般口座)に振替となります。
NISA口座から他の口座(特定口座等)に振替等した場合(※)、口座振替時の時価が特定口座等における取得価額になります。
非課税期間終了時の振替も含みます。
NISA口座開設後に要件を満たさないこととなった場合、NISA口座は廃止されます。
NISA口座の開設は原則1口座のみとなりますが、所定の手続きにより他の金融機関への変更が可能です。(ジュニアNISA口座除く)ただし、変更しようとする年分の非課税枠で既に投資信託を購入していた場合、その年分については変更できません。 
NISA口座を廃止した場合、所定の手続きにより再開設が可能です。ただし、再開設しようとする年分の非課税枠で既に投資信託を購入していた場合、その年分の再開設はできません。
ジュニアNISA口座では、口座開設者本人がその年の3月31日時点において18歳である年の前年の12月31日までは、原則としてジュニアNISA口座の指定預金口座からの払出しはできません。払出しを行った場合は、ジュニアNISA口座は廃止され、非課税の取扱いはなかったものとみなされ払出時に改めて課税されます。(災害時でやむを得ない場合は、非課税での払出しが可能です。この場合もジュニアNISA口座は廃止されます。)
ジュニアNISA口座の運用管理者については、原則口座開設者本人の法定代理人となります。ただし、法定代理人から明確な書面による委任を受けた口座開設者本人の二親等以内の方は運用管理者となることができます。
上記事項は2017年12月現在の取扱いであり、将来変更となる可能性があります。
株式会社三重銀行 登録金融機関:東海財務局長(登金)第11号 加入協会:日本証券業協会
 
(2017年12月現在)