グラフで見る

三重県の景気動向(三重銀経営者クラブ「経営者アンケート」より)
(注1)D.I.とは、ディフュージョン・インデックスの略で、景気が「非常に良い」「少し良い」と答えた企業の割合から「非常に悪い」「少し悪い」と答えた企業の割合を引いたもの。一般にD.I.がプラスの時は景気が良い状態を、マイナスの時は悪い状態を示す。
(注2)アンケートは9月4日〜19日まで実施。回答企業数は534社。

県内の景況感が急速に悪化しています。県内の経営者を対象としたアンケート調査によると、2001年9月期の景気判断のD.I.値は▲71.7と2半期連続で前期と比べて悪化、悪化幅も2半期連続で▲20%ポイントを超す大幅なものとなりました。2002年3月期までの見通しをみても、D.I.値は▲66.8と引き続き低迷する見込みであり、経営者は景気の先行きに対する不安感を強めているとみられます。

先浦 宏紀
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.