グラフで見る

夫婦の役割分担(夫は仕事、妻は家庭)に対する意識変化
(資料) 内閣府「男女共同参画社会に関する世論調査」

内閣府の世論調査の結果を時系列でみると、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」という考え方について、「賛成」の回答割合が減少する一方、「反対」の回答割合は増加する傾向にあり、最新の2002年7月調査で、ついに両者の割合が並びました。もっとも、このように意識面での変化は進んでいるものの、女性の家庭内労働負担が男性に比べて過大であるという状況に変化はみられず、それだけに、家事や子育て、介護の外部化・省力化に対するニーズは強まる方向にあると考えられます。

土方 研也
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.