グラフで見る

中古車と新車の販売台数推移(乗用車・貨物車)
(資料)日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会

新車販売台数が伸び悩むなか、中古車販売台数が堅調に推移しています。中古車の販売台数を新車の販売台数で割った新中比率は、バブル崩壊以降、上昇し続けており、足下では1.4倍見当で推移しています。この背景としては、(1)中古車ユーザーの「気に入った車ならば、新車でも中古車でも構わない」「同車種・同グレードの車が新車より割安に買える」という車へのこだわりと経済性に対するニーズが大きくなってきていること、(2)中古車専業者ばかりでなく、メーカー系販売店も収益の柱として中古車の販売に力を入れていること、等が挙げられます。自動車メーカー各社は、モデルチェンジ等により新車販売のテコ入れを行うものの、当面は中古車販売の増勢が続くと見られます。

菰方 隆智
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.