グラフで見る

わが国設備投資(製造業)の目的別ウエイトの推移
(資料)日本政策投資銀行「設備投資計画調査」

本年9月の月例経済報告で、2001年2月以来約5年半ぶりに「デフレ」の文言が完全削除され、わが国経済がデフレ脱却の最終局面に入るなか、設備投資において「能力増強」のウエイトが高まっています。日本政策投資銀行の「設備投資計画調査」によると、「能力増強」のウエイトは02年度をボトムに一貫して上昇し、06年度計画では35.5%にまで及んでいます。今後を展望しても、引き続き需要が拡大するなか、企業の積極的な事業展開が見込まれるもとで、こうした傾向は持続するとみられます。

先浦 宏紀
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.