グラフで見る

わが国の科学技術研究費と対GDP比率の推移
(資料)文部科学省「平成18年版科学技術白書」、総務省「平成18年科学技術研究調査結果」
わが国の科学技術研究費が増加傾向をたどっています。2005年度の研究費は17.8 兆円と10年前の1995年度に比べて3.4兆円増加し、対GDP比率も97年度に3%を上回った後、05年度には3.53%と既往最高となっています。安倍政権が掲げるイノベーションの源泉は科学技術にあり、2025年までを視野に入れた新成長の長期戦略指針「イノベーション25」が現在策定されている一方、研究費の約7割を占める企業においても業績と連動して研究開発費を増加させているだけに、今後もわが国の研究費は増加していくとみられます。

先浦 宏紀
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.