グラフで見る

三重・愛知両県の合計特殊出生率の推移
(資料) 厚生労働省「人口動態統計」

三重・愛知両県の出生率が持ち直しつつあります。県別の合計特殊出生率の推移をみると、 全国で2006年に6年ぶりの上昇を記録したもと、三重県は2004年、愛知県は2003年を底 に上昇の兆しが窺われます。つまり、出生率反転の背景として、景気回復に伴う出産意欲の高 まりが指摘されるなか、全国と比べ景気が好調に推移する東海地域において、出生率も全国よ り早い段階で上昇に転じたとみられます。そうした出生率持ち直しの動きが確かになるよう、 今後も地域における次世代育成支援策の充実が望まれます。

馬場 基記
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.