グラフで見る

わが国の科学技術研究費の推移(特定目的別、前年度比
(資料)総務省統計局「平成20年科学技術研究調査」
( 注 ) 第3期科学技術基本計画(2006年3月28日閣議決定)では、「ライフサイエンス」「情報通信」「環境」「ナノテクノロジー・材料」を重点推進4分野としている。

わが国において、戦略的な科学技術研究が着実に進められています。科学技術研究費の推移をみると、前年度に比べた伸び率は、全体では2005年度をピークとしてやや低下する傾向にあるものの、2006年に策定された第3期科学技術基本計画に掲げられた「重点推進4分野」については一定の水準を維持しています。こうした先進的な分野における研究の成果が積み上がり、その実用化が進められることにより、わが国の産業分野の国際的な競争力が高まり、ひいては国民生活の向上につながることが期待されます。

馬場 基記
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三重銀総研までお願いします。
Copyright Miegin Institute of Research.Ltd All rights reserved.