ホーム > 法人のお客さま > 便利なサービス > 三重銀行グループの総合型確定拠出年金導入サポート
三重銀行グループの総合型確定拠出年金導入サポート
三重銀行では、地元企業さまの企業型確定拠出年金の導入ニーズにお応えし、制度の導入・運営を支援するため、「三重銀総合型確定拠出年金」を取り扱っております。

「三重銀総合型確定拠出年金」は、三重銀行と大和証券株式会社を共同運営管理機関として、三重銀行グループである株式会社三十三総研を代表事業主とした総合型プランを用意しております。導入される企業さまには、この枠組みにご参加いただくこととなります。

総合型プランでは、企業年金規約を共通化することで、厚生労働大臣への申請業務が簡素化されることから、比較的短期間かつ低コストでの導入が可能です。一方で、加入者資格や掛金設定などは、導入される企業さま独自で設計することができます。
 
確定拠出年金とは?
確定拠出年金のしくみ
hojin_kakutei1.png
掛金
企業は、加入者(従業員)ごとに毎月掛金を拠出します。
マッチング拠出を選択することで従業員による追加拠出も可能です。 
運用
加入者は、あらかじめ指定された複数の運用商品のなかから選択し、自らの責任で運用していきます。
運用商品の追加や変更はいつでも可能です。
離・転職
積み立てた資産は、離・転職の際に持ち運び(移換)できます。
途中引出し

受取可能年齢(原則60歳)に到達するまでは、原則として途中での引出しはできません。
但し、脱退要件をすべて充足することで、脱退は可能です。

給付

自ら運用してきた資産を一時金か分割(年金)で受け取ります。

 
事業主(企業側)のメリット
メリット1
事業主掛金は全額損金
  掛金は給与とみなされないため、社会保険料はかかりません。
メリット2
事業主の運用リスクは無し
  本業以外の経営上の変動リスクを回避することができ、退職給付にかかる将来も含めた費用の予測が容易です。 
メリット3
企業イメージの向上 
  福利厚生制度の充実、従業員の働く意欲の向上にもつながります。
 
加入者(従業員側)のメリット
メリット1
さまざまな税制優遇 
  企業から拠出される掛金は所得とみなされず、マッチング拠出により従業員が拠出する掛金は全額所得控除となります。また、年金資産の運用益は非課税となり、将来受け取る給付金にも税制優遇があります。
メリット2
受給権の確保と資産の持ち運び
  一旦支給された掛金は、原則として企業に返還されることはなく、加入者ごとの受給権は確保されます。また、離・転職に伴う資産の持ち運びも可能です。
メリット3
公的年金受け取りまでのつなぎ
  公的年金の支給開始年齢引き上げによる無所得・無年金期間のつなぎとして所得の補完ができます。  
三重銀総合型確定拠出年金とは?
三重銀行が確定拠出年金をご検討されている企業さま向けに導入・運営を全面的にサポートします。
三十三総研を代表事業主とするひとつのプランに複数の企業さまが参加することで、単独で制度を導入する場合に比べて導入準備期間の短縮や事務負担の軽減を図ることができ、低廉なコストで制度運営をご提供します。 
 
三重銀総合型確定拠出年金のしくみ

運用関連運営管理機関:三重銀行及び大和証券
記録関連運営管理機関:日本レコード・キーピング・ネットワーク
資産管理機関:三井住友信託銀行 

hojin_kakutei2.png
導入準備期間
標準的な導入準備期間は、3ヶ月~6ヶ月です。
規約の策定
三重銀行が企業さまのご要望に沿った制度内容を設定し、共通規約を追加作成することで、企業さま独自の規約を策定する場合に比べて事務負担が軽減されます。
加入者セミナーと加入者サービス
三重銀行が加入者さま向けの制度・投資に関するセミナーを実施します。
加入者さまからの個別のお問い合わせに対しては大和証券のコールセンターが適切に対応します。
運用商品
元本確保型3種類と投資信託20種類の合わせて23種類の商品をご用意しています。
導入しやすいコスト
プラン設立にかかる一時費用と、毎月の継続費用を導入しやすい低廉なコストでご提供します。
 
<参考> 
確定拠出年金の導入にかかる「単独型」と「総合型」の比較
  単独型 総合型
年金規約 申請企業が個別に作成 承認済の共通規約に参加
導入までの期間 6ヶ月~1年 3ヶ月~6ヶ月
運営コスト 従業員が少ないほど割高 必要なコストを参加企業間で分担
運用商品 独自に選定 事前に組み入れられた商品
お問い合わせ
三重銀行 営業企画部
TEL: 059-354-7120
FAX: 059-353-2916