ホーム > 改元および10連休における金融犯罪について
改元および10連休における金融犯罪について
(2019年4月25日)
 
平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
2019年5月の皇太子殿下の御即位に伴い同年4月27日から5月6日までが10連休となり、5月1日には新元号への改元が予定されていますが、これを利用した金融犯罪についてご注意ください。
 
【金融犯罪にご注意ください】
銀行協会を装った封書を送りつけ、「元号の改元による銀行法の改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードへ変更する手続きが必要となる。同封のキャッシュカード変更申込書に取引銀行、口座番号、暗証番号を記載し、現在お使いのカードを返送してください」などと指示し、キャッシュカードをだまし取ろうとする詐欺が発生しております。
このように銀行員や全国銀行協会職員を装い、改元を名目にキャッシュカードをだまし取ろうとする詐欺が確認されております。銀行員や全国銀行協会職員が、キャッシュカードを預かることや、暗証番号を聞き出すことは絶対にありません。

連休中に内容物がいっぱいになった夜間金庫を狙い、あるいは、投入可能な夜間金庫に「調整中」等の掲示を貼ったうえで、近くに「臨時の夜間金庫」を装った箱を設置、現金を投入させるようお客さまを誘導し、現金を奪おうとする犯罪事案が発生する可能性があります。
 夜間金庫につきましては、10連休中も日頃ご利用いただいている手順でご利用ください。当行では10連休専用のポスト等を設置することはありません。
以上