HOME > 三重銀行よりのお知らせ > 金融犯罪にご注意ください! > 「DreamBot(ドリームボット)」ウイルス感染による被害にご注意ください
「DreamBot(ドリームボット)」ウイルス感染による被害にご注意ください
新聞報道等にもありますとおり、パソコンのウイルス感染によるインターネットバンキングの不正利用・不正送金に関する犯罪が全国的に拡大しております。
今般、インターネットバンキングの不正送金対策として導入している「ワンタイムパスワード」を偽画面から入力させて、利用者の預金を自動的に別口座に送金する新型ウイルス「DreamBot(ドリームボット)」による被害が国内で確認されました。
身に覚えのないメールは安易に開封したり、添付ファイルを開かないとともに、通常の手続きと異なる不審な画面にて、ID・パスワード等の入力を要求された場合は、入力することのないよう、十分にご注意ください。
 
感染経路について   
ウイルス付メールの添付ファイルを開いて感染するケース
メール本文中に記載されているリンクのURLをクリックすることで感染するケース
 
 
感染チェック   
お客さまのパソコンがこのウイルスに感染していないかを確認するためには、「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」のホームページにて「DreamBot・Gozi 感染チェックサイト」が試験運用されていますのでご活用ください。
>>>日本サイバー犯罪対策センターのホームページ(別部サイト)
 
 
セキュリティ対策について
インターネットバンキングのご利用にあたっては類推されやすい会員番号、ログイン暗証、確認暗証の利用を避け、ログイン暗証・確認暗証は定期的に変更してください。また、パソコン等端末内やクラウドサービス等外部のサービス内に会員番号・ログイン暗証・確認暗証・秘密の質問を保存しないようにしてください。
インターネットバンキングにログインした際、ログイン後最初の画面右上に表示される、直近のログイン履歴や取引履歴を確認し、万が一、身に覚えのない履歴があった場合には、速やかに当行あてご連絡ください。
インターネットバンキングで設定された振込限度額の引き下げを希望されるお客さまにつきましては、インターネットバンキングの画面上で即時変更の手続きが可能です。
万が一、不正取引が発生した時の被害を最小限に留めるため、振込限度額の引下げ設定をおすすめしています。
お客さまご自身におかれましても、ウイルス対策ソフト等を導入していただき、ウイルス定義ファイルを常に最新の状態に更新していただくよう、ご注意願います。
当行のインターネットバンキングではフィッシング詐欺対策として、ウイルスによる不正送金や様々な攻撃よりパソコンを守るフィッシング対策ソフト「SaAT Netizen」を希望者の方に提供しています。お客さまが当行ホームページやインターネットバンキングをご利用いただいている間、自動的に起動し、フィッシング等の不正送金やウイルス等からお客さまのパソコンを守るためのソフトです。
まだ、ご利用いただいていない方は当行ホームページから無料でダウンロードできますので、この機会にぜひご利用ください。 
  >>> 「SaAT Netizen」について詳しくはこちら
   不正送金・ウイルスをブロック、無料で使えるセキュリティソフト
 
 
身に覚えのない取引履歴を画面上で確認した場合や、身に覚えのないタイミングで取引確認メールが届いた場合などは、三重銀行EBサービスセンターまでご連絡ください。
 eb_toiawase.png