ホーム > 外国送金取引をされるお客さまへのお願い
外国送金取引をされるお客さまへのお願い
2018年9月
お客さま各位
株式会社三重銀行
 
 平素より三重銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 さて、このところマネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止への対策は、犯罪者やテロ組織等への資金流入を未然に防止するため、日本及び国際社会が取り組むべき課題として、これまでになく重要性が高まっています。
 当行では、本邦外為法や外国経済制裁関連法規制に基づく経済制裁措置を確実に実施するとともに、犯罪収益移転防止法に基づくマネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止対策を適切に実施するため、特に危険度が高いとされる外国送金取引(仕向・被仕向)について、下記の対応を行うことと致しました。
 お客さまにはお手数をお掛けしますが、ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。
 
 
1.海外に送金を行うお客さま
(1) 当行では以下の仕向外国送金取引を取扱い致しません。
現金(円貨現金・外貨現金)によるお取引
ご持参された現金のほか、ご依頼日の直前に口座に入金した現金も含みます。
当行で預金口座をお持ちでないお客さまとのお取引
仮想通貨交換業者や資金移動業者が関与するお取引
(2) 受付の際に以下の確認をさせていただく場合がございます。
当行に開設された預金口座の取引履歴から送金原資の出所が確認できない時は、その正当性が分かる確認資料のご提示、ご説明をお願いする場合がございます。
送金理由・送金の相手方が確認できる資料(受取人との間の契約書、注文書、インボイスなど)のご提示、ご説明をお願いする場合がございます。
確認資料のご提示にご協力いただけない場合や、ご提示いただいた内容によっては、当行の判断により送金をお断りする場合がございます。
 
2.海外からの送金をお受け取りになるお客さま
(1) 当行では以下の被仕向外国送金取引を取扱い致しません。
法令や公序良俗に反する行為に基づくものである、もしくはそのおそれがあると認められるお取引
仮想通貨交換業者や資金移動業者が関与するお取引
(2) お口座へのご入金の際に送金目的の確認をさせていただく場合がございます。
送金理由・送金の相手方が確認できる資料(送金人とのご関係に関する資料、船積書類、輸出許可証、原産地証明書など)のご提示、ご説明をお願いする場合がございます。
確認資料のご提示にご協力いただけない場合や、ご提示いただいた内容によっては、当行の判断により外国からの送金をお受取りいただけない場合がございます。
届出の住所・電話番号に変更があった際は、速やかにお手続きをお願い致します。   
お客さまに連絡がつかず、受取理由が確認できない場合、外国からの送金をお受取りいただけない場合がございます。
 
(※)お客さまからご提示いただいた資料は、当行にて厳正な管理を行います。
 
3.取扱開始日
2018年10月1日(月)より
 
 
------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先
市場金融部 TEL:0120-128-250 
(受付時間/平日9:00~17:00)
------------------------------------------------