HOME > 三重銀行よりのお知らせ > 金融犯罪にご注意ください! > 【重要】不審な二次元コードの表示にご注意ください
【重要】インターネットバンキングの不正送金犯罪にご注意ください
トランザクション認証用カメラ付専用トークンに表示される振込内容をよく確認してください!

新聞報道等にもありますとおり、パソコンのウイルス感染によるインターネットバンキングの不正利用・不正送金に関する犯罪が全国的に多発しております。

不正送金の代表的な手口として、利用者に正規の画面と思い込ませ、別口座に送金するウイルス「MITB攻撃(マン・イン・ザ・ブラウザ)」というものがあります。

これを防止するため、お客さまにおかれましては、振込等送金の際には新たに導入させていただきました
「トランザクション認証方式のワンタイムパスワード」しっかりと内容を確認したうえで操作・ご利用いただきますことをおすすめします。

お使いのパソコン等が仮に上記のようなウイルスに感染していたとしても、画面上に生成される二次元コードを、お持ちのトランザクション認証専用端末で読み取った場合、インターネットバンキング画面上に表示されている正規の振込口座とは異なる不正送金先の口座を見破り、トランザクション認証専用端末内に表示されますので専用端末に表示される内容が、正規の振込先であることをよく確認のうえ、振込を実行してください。 

tokun_hurikomiimage.png
 
万が一、身に覚えのない(正規の振込先とは異なる)不正な口座が表示された場合は直ちに振込操作をやめて、三重銀EBサービスセンターまたはお取引店までご連絡ください。 
 
 eb_toiawase.png