ホーム > 全銀EDIシステム(ZEDI)への対応について
「全銀EDIシステム(ZEDI)」への対応について

(2018年12月25日)

 

全国銀行協会及び全国銀行資金決済ネットワークでは、2018年12月25日より、総合振込において振込に関するさまざまな詳細情報である「金融EDI情報」(支払通知番号や請求書番号など)を受け取り側の法人・個人事業主のお客さまに送信することができる「全銀EDIシステム(通称ZEDI:ゼディ)」の提供を開始しました。

これを受け、三重銀行でも下記の通り、各種EBサービスにてZEDI対応サービスを開始しておりますのでお知らせします。  

 
対応するEBサービスと提供時間   
<法人>インターネットバンキング 平日8:00~19:00
コンピュータサービス 平日9:00~18:00
パソコンサービス  平日9:00~18:00
 
 
対応する取引業務とZEDI手数料について   
取引業務 ZEDI手数料 備考
(1)総合振込 無料  
(2)振込入金通知 無料 (2)(3)については別途「取引情報連絡サービス」(※)の申込が必要です
(3)入出金取引明細 無料
振込手数料は別途必要です。
(※)
取引情報連絡サービスをすでにご利用中のお客さまは改めての申込は不要です 
同サービスを未契約の場合は、お取引店までお申込み手続きをお願いします
同サービスは、指定口座の「振込入金」「入出金明細」「残高照会」を各種データ(全銀ファイル形式、CSV形式、そして今回から対応するXML形式)で受信するサービスです。利用には、受信件数に応じた利用料が必要となります。
取引情報連絡サービスはこちら
 
 
申込について
ZEDIのご利用は別途お申し込みが必要です。お取引店までお申し出ください。
店舗案内(色・中)
 
ZEDI利用のメリットについて
支払企業は、振込に請求書番号や商品名、その他商品情報やメッセージ等の情報を添付できます
受取企業がZEDI対応済先であれば、メッセージ等添付された情報を画面上で確認できます
受取企業は売掛金の消込等が自動で行えるなど、事務の効率化を図れます  
支払企業は受取企業から振込内容についての照会・問い合わせが減少します
 
▼サービス案内動画はこちら
①15秒ver
②30秒ver
③1分30秒ver
 
ご留意いただきたいこと
(1) ZEDI利用においては、XML形式のデータ授受が必要となりますので、XML形式のデータ作成・授受が可能となるよう、お客さま側でXML対応ソフトウェアの導入や自社システムの改修等の対応が必要となる可能性があります。
(2) 2018年12月25日より、全国銀行資金決済ネットワークが提供する「S-ZEDI」と呼ばれる専用サイトで、ZEDIに対応したXML形式のデータを無料で作成できるサービスの提供が開始されます。
(3) 法人EBサービス(パソコンサービス)においてZEDIを利用する場合は、全銀EDI対応ソフト「EB Next2 DX」等の利用が必要となります。       
利用に際しては上記ソフトの購入、またはバージョンアップ版ソフトの購入が必要となります。    
詳しくはお取引店までお問い合わせください。 
 
全銀EDIシステム(ZEDI)の詳細は、全国銀行協会のホームページをご覧ください。