ホーム > 個人のお客さま > 投資信託> 投信 基準価額お知らせサービス「ファンド・エクスプレス」
ファンドエクスプレスタイトル

◎気になるファンドの基準価額をメールで配信!

◎配信期間も設定OK!

◎利用料 無料!

◎ホームページ、新聞等で基準価額を調べる手間がなくなります!

◎目標価額に到達した時に配信可能!



【サービス①】定期配信サービス

内容
登録したファンドの基準価額を定期的にEメールで配信するサービスです。

配信時間
午前10時頃

配信時期
以下から選択可能
・毎営業日(火曜日~土曜日)
  ※銀行営業日の翌営業日に配信します
・週1回(土曜日)
・月1回(第1営業日)

配信ファンド数
上限なし
※登録ファンド数が多い場合、ご利用環境によっては本文がすべて表示されない場合があります

有効期間
無制限
※登録が解除されるまで配信します

お申込みおよびお申込手順
>>>お申込みはこちら



【サービス②】アラートメール配信サービス(通知サービス)

内容
登録したファンドが設定した基準価額に到達した場合にEメールで配信するサービスです。

配信時間
設定した基準価額に到達した東京証券取引所営業日の
翌日午前10時30分頃

配信ファンド数
最大10ファンド
※同一ファンドを別価額での登録も可能

有効期間
3ヵ月(期限到来日にメールにて終了をお知らせします)
※設定価額に達しメールが配信された時点で、登録は自動的に解除されます。

お申込みおよびお申込手順

 >>>お申込みはこちら

      

 
投資信託についてご注意いただきたいこと
【投資信託に係るリスクについて】
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とし投資元本が保証されていないため、当該資産の市場における「取引価格の変動」や「為替の変動」等により投資一単位あたりの価値が変動します。したがってお客さまのご投資された金額を下回ることもあります。また、投資信託は、個別の投資信託毎に投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、ご投資に当たっては投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。
 
【投資信託に係る費用について】
ご投資いただくお客さまには以下の費用をご負担いただきます。
申込時に直接ご負担いただく費用・・・
  申込手数料 申込代金に対し最大3.3%(税込)
換金時に直接ご負担いただく費用・・・
  「信託財産留保額 換金時の基準価額に対し最大0.5%」または「解約手数料 1万口につき〔上限〕2.2円(税込)」
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用・・・
  信託報酬 純資産総額に対し最大 年率2.2%(税込)
その他費用・・・
  上記以外に監査報酬、有価証券等の売買にかかる手数料など保有期間等に応じて間接的にご負担いただく費用があります。(その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限等を示すことができません。)
お客さまにご負担いただく手数料・費用の合計額は、これらを足し合わせた金額となります。
詳しくは投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面でご確認ください。
 
《ご注意》
上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。投資信託に係るリスクや費用は、夫々の投資信託により異なりますので、ご投資をされる際には、事前に投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。
 
【投資信託に関する留意点】
投資信託のお申込みをされる際には、事前に投資信託説明書(目論見書)等や契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。
投資信託は、値動きのある有価証券(外貨建資産については為替リスクもあります)等に投資しますので、運用実績は市場環境により変動します。したがって、元本および分配金が保証されるものではありません。
投資した資産の価値が投資元本を割込むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。
投資信託は、預金や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の支払対象ではありません。
銀行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の支払対象ではありません。
投資信託は、弊行がお申込みの取扱いを行い、投資信託委託会社が運用を行います。
株式会社三重銀行登録金融機関 東海財務局長(登金)第11号 加入協会:日本証券業協会